睡眠障害 | 最近よく眠れないと悩んでいるあなたへ

Little*Sleeping

眠れない夜……。
キミ(睡眠障害)のせいだよ。

長い夜

――長い夜を過ごしたことはありますか?
夜なかなか寝付けないことがある、といった経験がある人は、たくさんいるのではないでしょうか。
何か考え事があるのか、悩み事があるのか、目を閉じてもなかなか眠れないということがあります。
例えば、「明日、大事な会議がある」といったシチュエーションの場合、頭の中で会議中言うことを整理したり、どういう質問が飛んでくるか考えたりしてしまうものです。
緊張感や不安感から寝付くことができず、気がつけば朝を迎え、バッドコンディションで会議に臨むハメになったという経験も、人によってはあるのではないでしょうか。
また、「明日は、待ちに待った遠足がある」といったシチュエーションでも、楽しみすぎる故に、気持ちが高ぶってしまい、頭が冴えて眠れないという経験も、子供時代にあったのではないでしょうか。
その結果、いわゆる「知恵熱」と呼ばれる突発的な発熱を起こし、遠足に行けなくなった挙句、夜遅くまで起きていたことで親に怒られたといった思い出もあるかもしれません。
基本的に、こういったケースでの不眠は、その原因が解消すれば解決します。
上記で言えば、会議が終わる、遠足が終わることで、再び快眠できるようになるでしょう。
緊張から開放されたことやたくさん歩いたことで、むしろぐっすりと眠れるかもしれません。

しかし、人によっては、なかなか不眠が解消されないケースも存在します。
それは、一時的な悩みや問題ではない可能性が高いです。
毎日のように頭を悩ませ、そのことについて四六時中考えこんでしまうほど、大きな問題を1人抱え込んでいるのかもしれません。
それに加えて、仕事などが忙しく、なかなかストレスを解消することができないといった理由も考えられます。
もちろん、夜眠れない根本原因は、人によってさまざまかもしれませんが、そういった日が続く場合、睡眠障害の可能性があります。
ただ、睡眠時間が短いだけでは、睡眠障害と言い切ることはできません。
しかし、十分な睡眠が取れないことで、日常生活に何らかの支障を来してしまっている場合、それは睡眠障害と診断されても致し方ありません。

もし、仕事や家事なども含めて、正常な日常生活を送ることができないという人は、一度医師に相談したほうが良いかもしれません。
適切な方法で治療を受けることで、再び快適な毎日を送ることができるようになるはずです。
最近では、インターネットを利用することで、簡単に睡眠障害診断を受けることができます。
医師に相談する前に、個人でもそういったweb診断を試してみると良いでしょう。

併せて、このサイトでは、睡眠障害に関するさまざまな知識を紹介していきます。

日本国民のおよそ20%の人が悩んでいる「睡眠障害」。なぜ、夜眠れなくなったり、日中ずっと眠気が襲ってきたりするのでしょうか。 一般的には、ストレスなどを抱え込みすぎてしまうことが大きな原因とされています。
しかし、実際には、それだけではなく、さまざまな原因があると考えられます。 このページでは、まず睡眠障害を引き起こしてしまうさまざまな原因について、お話していきましょう。

国民の20%が頭を抱えている睡眠障害ですが、睡眠障害と一言に言っても、さまざまな種類が存在します。 その種類によって、治療方法などが異なってきますので、自分がどの種類にあてはまるのか把握することが大切です。
まず、ここでは、睡眠障害の中でも比較的ポピュラーな「不眠症」と「過眠症」について紹介していきます。 どういった症状があるのか知り、それに見合った対処を行なっていきましょう。

睡眠障害の種類で一般的に知られているのは、「不眠症」と「過眠症」と言えるでしょう。 しかし、実際には、このほかにもたくさんの種類の睡眠障害が存在していることをご存知ですか?
例えば、どういった種類があるのかというと、「概日リズム睡眠障害」「睡眠呼吸障害」「睡眠時随伴症」などが挙げられます。 このページでは、そういった不眠症・過眠症以外の睡眠障害について、紹介していきます。

睡眠障害は、その人の症状によって、治療法が異なります。 例えば、生活習慣を改善することで、回復の兆しが見えてくることもあれば、医師に相談し適切な治療を受ける必要があるケースもあります。
生活習慣の見直しなど、個人的な改善によって回復が見られない場合は、睡眠薬を服用して治療することが多いです。 しかし、多くの人は、睡眠薬に対してさまざまな不安や恐怖心を抱いているようです。睡眠薬は、危険な薬なのでしょうか?