睡眠障害 | 最近よく眠れないと悩んでいるあなたへ

Little*Sleeping

眠れない夜……。
キミ(睡眠障害)のせいだよ。

睡眠障害の原因は?

睡眠障害を引き起こす原因は、人によって異なります。
しっかりとその根本原因を明確にし、改善していくことによって、睡眠障害を治すことができる場合もあります。
人によっては、生活習慣を改善することで、回復していくこともあるようです。
もちろん、医師に相談して適切な治療を受ける必要があることもあるでしょう。
いずれにしても、原因によって治療の対処法が異なってくるので、まずはその原因を把握することが大切です。
では、睡眠障害を引き起こす原因としては、どういったことがあるのでしょうか。

原因としては、いくつか項目がありますが、「心理的原因」が一番大きいと言われています。
簡単に言えば、ストレスが原因となって発症するということです。
例えば、職場環境・人間関係・近親者の逝去など、いろんなことがストレスになると考えられます。
いつ頃から眠れなくなったのかをよく考えること、そして眠れなくなった日の前後にあった出来事を思い出すことで、原因が浮かんでくることもあります。

次に、「身体的原因」も挙げられます。
これは、自分自身にさまざまな病気・症状・怪我があったことによって発症するケースです。
外傷はもちろん、関節リウマチなど、強い痛みが寝付きを悪くしてしまうことも考えられます。
あとは、湿疹や蕁麻疹など強い痒み、喘息・頻尿・花粉症なども、眠りを妨げることの原因です。

「精神医学的原因」も、睡眠障害を引き起こす大きな原因の一つです。
例えば、不安や抑うつ状態が続いていると不眠になりやすいと言われています。
うつ病などの精神病や神経病は、不眠と密接な関係にあるようです。

また、「薬理学的原因」も考えられます。
よく眠気覚ましにコーヒーを飲んだり、タバコを吸ったりする人がいると思います。
コーヒーに含まれているカフェインやタバコに含まれているニコチン、さらにはアルコールも不眠を引き起こす可能性があります。
このほかにも、抗がん剤やステロイドといった薬が原因となるケースも多いようです。

最後に、「生理学的原因」です。
これは、生活リズムの乱れなどが原因で引き起こるケースです。
例えば、日勤と夜勤を繰り返す職場、残業、徹夜、海外旅行・出張による時差ボケなどが主な原因として挙げられます。
このように、睡眠障害を引き起こす原因は、さまざまなことが挙げられるのです。

日本国民のおよそ20%の人が悩んでいる「睡眠障害」。なぜ、夜眠れなくなったり、日中ずっと眠気が襲ってきたりするのでしょうか。 一般的には、ストレスなどを抱え込みすぎてしまうことが大きな原因とされています。
しかし、実際には、それだけではなく、さまざまな原因があると考えられます。 このページでは、まず睡眠障害を引き起こしてしまうさまざまな原因について、お話していきましょう。

国民の20%が頭を抱えている睡眠障害ですが、睡眠障害と一言に言っても、さまざまな種類が存在します。 その種類によって、治療方法などが異なってきますので、自分がどの種類にあてはまるのか把握することが大切です。
まず、ここでは、睡眠障害の中でも比較的ポピュラーな「不眠症」と「過眠症」について紹介していきます。 どういった症状があるのか知り、それに見合った対処を行なっていきましょう。

睡眠障害の種類で一般的に知られているのは、「不眠症」と「過眠症」と言えるでしょう。 しかし、実際には、このほかにもたくさんの種類の睡眠障害が存在していることをご存知ですか?
例えば、どういった種類があるのかというと、「概日リズム睡眠障害」「睡眠呼吸障害」「睡眠時随伴症」などが挙げられます。 このページでは、そういった不眠症・過眠症以外の睡眠障害について、紹介していきます。

睡眠障害は、その人の症状によって、治療法が異なります。 例えば、生活習慣を改善することで、回復の兆しが見えてくることもあれば、医師に相談し適切な治療を受ける必要があるケースもあります。
生活習慣の見直しなど、個人的な改善によって回復が見られない場合は、睡眠薬を服用して治療することが多いです。 しかし、多くの人は、睡眠薬に対してさまざまな不安や恐怖心を抱いているようです。睡眠薬は、危険な薬なのでしょうか?