睡眠障害 | 最近よく眠れないと悩んでいるあなたへ

Little*Sleeping

眠れない夜……。
キミ(睡眠障害)のせいだよ。

不眠と過眠

睡眠障害の中でも、比較的ポピュラーな種類、それが「不眠症」です。
おそらく、なんとなくどういった症状があるのかわかるといった人がほとんどではないでしょうか。
ただ、一つ注意してほしいのが、「ただ睡眠時間が短い」だけでは、不眠症とは診断できないという点です。

というのも、人によって快適な睡眠時間には違いがあります。
例えば、中には1日4時間睡眠を摂れば十分活動できるという人もいれば、1日8時間寝ないとすっきりしないという人もいます。
一般的に、1日8時間がベストな睡眠時間と言われていますが、これはあくまで日本人の平均睡眠時間から割り出した数字です。
ですから、4時間寝れば十分という人が8時間寝ると、かえって寝疲れしてしまう可能性もあるということです。

では、不眠症とは、どういったことを言うのかというと、眠りが浅く十分な睡眠を確保できないことで、日常生活に支障を来してしまう場合です。
不眠症になれば、倦怠感や集中力などの低下といった症状が現れ、家事・仕事にも影響を及ぼしてしまうので、いち早く改善することが必要になります。

日本国民のおよそ20%の人が悩んでいる「睡眠障害」。なぜ、夜眠れなくなったり、日中ずっと眠気が襲ってきたりするのでしょうか。 一般的には、ストレスなどを抱え込みすぎてしまうことが大きな原因とされています。
しかし、実際には、それだけではなく、さまざまな原因があると考えられます。 このページでは、まず睡眠障害を引き起こしてしまうさまざまな原因について、お話していきましょう。

国民の20%が頭を抱えている睡眠障害ですが、睡眠障害と一言に言っても、さまざまな種類が存在します。 その種類によって、治療方法などが異なってきますので、自分がどの種類にあてはまるのか把握することが大切です。
まず、ここでは、睡眠障害の中でも比較的ポピュラーな「不眠症」と「過眠症」について紹介していきます。 どういった症状があるのか知り、それに見合った対処を行なっていきましょう。

睡眠障害の種類で一般的に知られているのは、「不眠症」と「過眠症」と言えるでしょう。 しかし、実際には、このほかにもたくさんの種類の睡眠障害が存在していることをご存知ですか?
例えば、どういった種類があるのかというと、「概日リズム睡眠障害」「睡眠呼吸障害」「睡眠時随伴症」などが挙げられます。 このページでは、そういった不眠症・過眠症以外の睡眠障害について、紹介していきます。

睡眠障害は、その人の症状によって、治療法が異なります。 例えば、生活習慣を改善することで、回復の兆しが見えてくることもあれば、医師に相談し適切な治療を受ける必要があるケースもあります。
生活習慣の見直しなど、個人的な改善によって回復が見られない場合は、睡眠薬を服用して治療することが多いです。 しかし、多くの人は、睡眠薬に対してさまざまな不安や恐怖心を抱いているようです。睡眠薬は、危険な薬なのでしょうか?