睡眠障害 | 最近よく眠れないと悩んでいるあなたへ

Little*Sleeping

眠れない夜……。
キミ(睡眠障害)のせいだよ。

あれもこれも睡眠障害

睡眠障害は、不眠症や過眠症だけではありません。
ここでは、睡眠障害の一つ、「概日リズム睡眠障害」について紹介していきます。
これは、体内時計と昼夜のサイクルにズレが生じることによって発症する睡眠障害です。

例えば、海外旅行や出張による時差ボケによって、ズレが生じてしまうことで発症するケースがあります。
このほかにも、受験前の徹夜や長期休暇の夜更かし、日勤・夜勤がある勤務シフトが原因で引き起こることがあります。

概日リズム睡眠障害を発症してしまうと、夜眠れなくなったり、日中に強い眠気を感じたりすることがあります。
当然、そのことによって、家事や仕事の作業能率が下がったり、食欲不振に陥ったりすることもあるようです。

日本国民のおよそ20%の人が悩んでいる「睡眠障害」。なぜ、夜眠れなくなったり、日中ずっと眠気が襲ってきたりするのでしょうか。 一般的には、ストレスなどを抱え込みすぎてしまうことが大きな原因とされています。
しかし、実際には、それだけではなく、さまざまな原因があると考えられます。 このページでは、まず睡眠障害を引き起こしてしまうさまざまな原因について、お話していきましょう。

国民の20%が頭を抱えている睡眠障害ですが、睡眠障害と一言に言っても、さまざまな種類が存在します。 その種類によって、治療方法などが異なってきますので、自分がどの種類にあてはまるのか把握することが大切です。
まず、ここでは、睡眠障害の中でも比較的ポピュラーな「不眠症」と「過眠症」について紹介していきます。 どういった症状があるのか知り、それに見合った対処を行なっていきましょう。

睡眠障害の種類で一般的に知られているのは、「不眠症」と「過眠症」と言えるでしょう。 しかし、実際には、このほかにもたくさんの種類の睡眠障害が存在していることをご存知ですか?
例えば、どういった種類があるのかというと、「概日リズム睡眠障害」「睡眠呼吸障害」「睡眠時随伴症」などが挙げられます。 このページでは、そういった不眠症・過眠症以外の睡眠障害について、紹介していきます。

睡眠障害は、その人の症状によって、治療法が異なります。 例えば、生活習慣を改善することで、回復の兆しが見えてくることもあれば、医師に相談し適切な治療を受ける必要があるケースもあります。
生活習慣の見直しなど、個人的な改善によって回復が見られない場合は、睡眠薬を服用して治療することが多いです。 しかし、多くの人は、睡眠薬に対してさまざまな不安や恐怖心を抱いているようです。睡眠薬は、危険な薬なのでしょうか?